お知らせ

header header

雨量の監視を行うことのメリット

序文

 昨今、脱炭素を目指したクリーンエネルギーへ注目が集まっている中、太陽光発電のため の日射量の監視・予測に関心が高まっています。


 気象の業界で○○量と言えば、長いこと降水量というモノがメジャーを独占している状況です。本稿では、降水量を監視することにどんなメリットがあるのか、少し紐解いてみます。

分析

 安全のために使われている例で一番身近なものが、河川の流量や土壌雨量に結びつく監視です。気象庁や国土交通省等の自治体が災害から国民を守るために活用しています。高解 像度降水ナウキャスト等、観測情報が進歩を続ける一つの大きな理由でもあります。

 生活に密着した監視目的として時代を遡ると、農業分野で長年利用されています。分かり易いものであれば水田の管理などでしょうか。

  稲作の水管理に費やす時間は全体の作業の半分を占め、給水や止水は大幅な手間となっています。今では自動給水システムもあり、雨量の監視だけしっかりしておけば、より効率が良くなることが見込めます。


 近年の例としてレジャー関係を挙げると、ゴルフ場の芝やスタジアムなど、フィ ールドの管理で重要な場合があります。

 雨の強度の情報も大切ではありますが、実際は総雨量が運営を悩ませるケースが多いそうです。フィールドの質が変わると長時間、プレーが困難となるためだそうです。

 

 

 雨が雪に変わると、シビアな監視が必要となるでしょう。

 積雪情報に変わると、直接生活に関わることや自治体・企業・小売り・個人単位に至るまで、 多方面で重視されることになります。先に述べている農業やレジャーでも同様に注視のメリットは大きいでしょう。

対応案

 どれくらい雨が降ったかの確認は解析雨量情報の利用が現状ベストです。1km単位で雨量の解析データが得られます。 雨量の予測では1km単位の降水量予測データが存在しているので、おススメです。 TVなどで得られる情報は幅広い視聴者を対象としているため、面的に荒いことが多いモ ノです。

 可能な限り細かい情報の活用を推奨します。

Contact

資料ダウンロード・お問い合わせはこちらから。
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。