ホーム>お知らせ

お知らせ

現代美術家 島田清夏氏の作品へデータ協力しています

20181013181830.jpeg

当社では、現在、京都・北野天満宮で行われているアートイベント

『KYOTO NIPPON FESTIVAL2018』に、

日本を代表する現代美術家として参加されている島田清夏氏の出展作品に、

データ協力させていただいております。

 

■島田清夏氏インスタグラム

https://www.instagram.com/sayatarou/

■島田清夏氏HP

- https://www.shimadasayaka.net/

 

島田氏の出展作品は、北野天満宮の鎮座する北野の地に根ざす「雷」信仰を題材とし、

豊穣の象徴でもある「雷」の発生データ(FJC提供)を元に、

期間中、松の苗木を「雷」のエネルギーにより育てるというものです。

 

島田氏は、北野天満宮の象徴である松が、

9月初頭の台風により多く倒れたことを受け、

このような作品発想に至ったとのことで、

2018101318202.jpeg

北野天満宮を中心に半径1,000kmの範囲に落雷があった場合、

モノクロの映像に色がつき、色がつく回数が多くなると松に水が与えられ、

更に多くの落雷があると、

植物育成用のLEDが赤、青、紫と徐々にエネルギーを帯び、

雷が多いほど松が成長するという仕組みになっているということです。

 

『松の成長は「雷神」のみぞ知る…』(島田清夏氏)

 

期間中、弊社からはAPIにて落雷リアルタイムデータの提供を行っております。

 

 

<イベントHP>

■KYOTO NIPPON FESTIVAL

http://www.kyotonippon.com/

アプリレビューサイトで紹介していただきました

2018年9月25日(火)

 

アプリレビューサイト「Appliv」でAndroid版アプリを紹介していただきました。

ご興味をいただいた場合は、是非ご覧ください。

 

------------------------------------------------------------------------------------------

L-GO SEARCH ~接近する雷雨を事前に察知できる気象防災アプリ~

【Android】https://android.app-liv.jp/004966778/

------------------------------------------------------------------------------------------

雷情報アプリをリリースしました

2018年8月29日(水)

 

現在位置周辺の雷情報をご覧頂けるアプリをリリースいたしました。

全国雷観測ネットワーク「JLDN」の精度の高い雷情報をスマートフォンでご覧いただけます。

以下のサイトでダウンロードできますので、ご興味をいただいた場合は、是非お試しください。

 

■Android:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.franklinjapan.l_gosearch

■iOS:
https://itunes.apple.com/jp/app/l-go-search/id1433159533

TBSテレビ「ひるおび」の取材を受けました

2018年8月15日(水)

 

本日放送されたTBSテレビ「ひるおび」の取材を受けました。

弊社からは落雷数等の情報提供を致しました。

201881517280.jpg

トップページにTwitterのリンクを追加しました

2018622132921.png

弊社では、Twitterで東京周辺の落雷状況と

昨日の全国の落雷状況をツイートしております。

(以前のお知らせはこちら

 

このアカウントのツイートをHPのトップページからも

ご覧いただけるようになりました。→

また、ページ上部にもアカウントのリンクを追加いたしましたので

フォローよろしくお願いいたします!

採用情報を更新しました。

2018年5月22日(火)

 

「採用情報(正社員)」の応募資格に、来春卒業見込みの要件を追加しました。

下記リンクよりご覧ください。

          ↓↓↓

https://www.franklinjapan.jp/contents/about/recruit/

「落雷証明書・落雷データ」発行のサービス向上

本日4/2(月)より、「落雷証明書・落雷データ」の発行につきまして、
サービス向上のため、納期の短縮およびPDFファイルでの提出を開始いたします。

また、提出した証明書やデータに関するご相談も承ります。

例えば、「落雷が観測されていない」場合や、
「落雷が観測されているが対象地点から離れている」場合などでも、

その根拠となる気象データ等をもとに裏付けを行います。

精度の高い落雷データの発行はもちろん、
気象会社ならではのノウハウを生かしたサポートを心掛けて参りますので、
ご不明な点やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

今後もサービス向上に向けて取り組んでまいりますので、
引き続きご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

 

落雷証明書・落雷データのページはこちら

 

NHK「ニュースウオッチ9」の取材を受けました

2018年3月6日(火)

 

3月5日に放送されたNHK「ニュースウオッチ9」の取材を受けました。

当社気象予報士が当日の発雷状況についてのコメントをいたしました。

20183616043.JPG

3月5日は、九州で大規模な落雷がありました。
当社の全国雷観測ネットワークがこの日観測した落雷数は、3月のひと月の平均の落雷数8万~9万回を超える10万回。
3月のある1日の落雷数が10万回を超えるのは、2007年以来のことです。そのため番組内では、10年に1度の落雷と説明しています。
(落雷数は、いずれも日本全国と周辺海域を含む2,600㎞の範囲で観測された数字です)


 

 

第5回 イベント総合EXPOに出展します。

2/21(水)~2/23(金)に幕張メッセで開催される、第5回イベント総合EXPOに、今年も出展します。

イベント総合EXPOは、全国各地から音楽イベント、スポーツイベント、お祭り、地域活性化イベント等の関係者が来場する、

イベント分野 日本最大の専門展です。

弊社ブースではイベント気象支援サービスのご案内や、新コンテンツの展示も行う予定です。

ご関心のある方、お時間のある方はぜひ弊社ブースにお立ち寄りください。

 

イベント総合EXPOのWebサイトはこちら

第2回 気象ビジネスフォーラムに参加しました

2月13日(火)に開催された「第2回気象ビジネスフォーラム」に参加・出展しました。

 

気象ビジネスフォーラムは、気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)主催の
気象データの利活用促進・気象ビジネス市場の拡大を目指したイベントで、
シンポジウムとWXBC会員企業による展示会が並行して行われました。

 

今回は昨年に引き続き第2回の開催となり、
弊社のブースではJLDNの紹介や雷情報を中心とした気象情報の利活用についての説明をさせて頂きました。

 

201821617148.JPG

 

第2回気象ビジネスフォーラムのHPはこちら