2020.09.08

2020年8月の落雷

落雷の事例

8月の落雷数は、先月の9割程度に止まりましたが、下旬に落雷が多発したことにより8月の平均落雷数を上回りました。

21日~23日にかけて、本州の南海上を東進した低気圧から非常に暖かく湿った空気が流れ込むとともに、この時期としては強い寒気(上空5500mで-6℃)が本州に南下してきた影響で、東北南部~九州地方の広い範囲で落雷が多発しました。

22日一日の落雷数は、7年ぶりに20万回を超え死亡事故も発生しました。


 2020年8月22日(24時間)の落雷状況