2021.12.13

2021年11月の落雷

落雷の事例

11月の落雷数は、先月の落雷数と同程度でしたが、月平均落雷数の約半分にとどまりました。

8~9日にかけて、大陸東岸の低気圧から伸びる前線が日本付近を通過した後、強い寒気(上空5500m付近で-24℃以下)が九州北部まで南下しました。

この影響で大気の状態が不安定となり、10~12日にかけて、北海道~九州の日本海側を中心に広い範囲で落雷を多数観測しました。


 2021年11月10日(24時間)の落雷状況