雷ランキング

全国[年間落雷日数]

2021年

調査期間:2021年

図は47都道府県の年間雷日数ランキングです。

2021年は、新潟県が130日で1位になりました。
2位は114日で北海道。3位は105日で鹿児島県。4位以下は秋田県、石川県、山形県、福井県と日本海側の地域が続きました。
全国的に見ると、北日本~東日本の日本海側や九州南部で落雷日数の多い傾向となりました。

東北~中国地方にかけての日本海沿岸では「冬季雷」とよばれる冬型の気圧配置時に多く見られる雷が発生します。そのため雷日数は年間を通して雷のある冬季雷地域で多く、この地域では冬でも落雷による災害が多く発生します。
一方、九州の多雷日域は、低気圧及び前線通過時の落雷によるものと考えられます。

※落雷日数は、落雷数に関わらず落雷が1回でもあった日を1日としてカウントしています。

(参考)落雷日数マップ(2021年)

解説を見る