2020.04.15

2020年3月の落雷

落雷の事例

3月の落雷数は、先月の落雷数に比べると7倍増加するとともに月平均落雷数と比べても1割多くなりました。

15日から16日にかけて、日本海から寒冷な低気圧が北陸から関東北部を通過後、上空に真冬並みの寒気(-36℃以下)が関東地方まで南下したことにより、東北から中国地方の日本海側や関東の東海上で落雷が多発しました。


 2020年3月16日(24時間)の落雷状況