2022.09.07

2022年8月の落雷

落雷の事例

8月の落雷数は、先月の1.5倍と大幅に増加し、100万回を超えたのは平成25年(150万回観測)以来の多さとなりました。

4日~6日にかけて、太平洋高気圧の勢力が弱まり、日本海から南下してきた前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んだことから、前線周辺で対流活動が活発化し東・西日本で落雷が多発しました。


 2022年8月4日(24時間)の落雷状況

一覧

次の記事