ホーム>いなずまブログ>2019年4月

2019年4月

4月の特徴

2019416163652.JPG春雨は、春にしとしと降る雨のことで、

二十四節気の「穀雨」と同じく穀物に潤いを与える恵みの雨を降らせる意味とされています。

 

4月の天気は変わりやすく、寒暖の変動が大きいのが特徴です。

 

高気圧と低気圧が3~4日位の間隔で日本付近を通過し、天気も周期的に変化します。

 

低気圧が急激に発達しながら日本海を進むと低気圧の南側では強い南風が吹き、

海や山を中心に大荒れの天気となります。

 

低気圧から南西にのびる前線付近では、

激しい雨や落雷、雹、風の急変など短時間に気象状況が大きく変わります。

 

また、日本の南岸に前線が停滞すると

太平洋側の地方で天気がぐずつき、「菜種梅雨」となります。

 

春は穏やかな印象を描きがちですが、激しい気象現象が起こる季節でもあります。

 

 

<気象予報部より>

2019年3月の天候

2019416162549.JPG

北日本から西日本にかけては、数日周期で高・低気圧が交互に通過しました。

 

特に東・西日本では中旬を中心に高気圧に覆われやすかったため、

晴れる日が多く日照時間も多くなりました。

 

気温は、全国的に暖かい空気に覆われることが多かったため、

月平均気温は全国的に高く、特に東・西日本でかなり高くなりました。

 

降水量は、低気圧が発達することが少なかったため、

北日本と東日本の太平洋側では降水量が少なくなりました。

 

一方、沖縄・奄美では、上旬に低気圧や湿った空気の影響を受けやすかったため、

月降水量は多くなりました。

 

日照時間は、北日本の太平洋側、

東日本の日本海側、西日本と沖縄で多くなりましたが、

北日本の日本海側と東日本の太平洋側では平年並みになりました。

 

 

※右図は気象庁HPより

 

 

<気象予報部より>