ホーム>いなずまブログ>2019年3月

2019年3月

3月の特徴

2019319162813.jpg

3月は、暦の上では「啓蟄」で

冬眠している虫が地中から這い出てくる時期ですが、

雪解けや鳥の声を感じる「音の春」

そして暖かさを感じる「気温の春」の順に五感でも楽しむことができます。

 

気象の特徴は、冬型の気圧配置は影を潜め、

高気圧と低気圧が交互に日本付近を通過し、

天気も周期的に変化するようになります。

 

高気圧が北に偏ると南岸に前線が停滞し、ぐずついた天気が持続することがあり、

このような天候を「菜種梅雨」と呼んでいます。

 

また、低気圧が発達しながら日本海を進むと、南から暖かく湿った空気が流れ込み、

そこに上空の寒気が南下すると低気圧や前線近傍で「春雷」をもたらします。

 

このように3月は、気温の変化も大きく、

天候も激しく変化するので、最新の気象情報の入手に心掛けてください。

 

 

<気象予報部より>

2019年2月の天候

201931916333.jpg

2月は、北日本では冬型の気圧配置となりやすかったため、

日本海側で曇りや雪の日が多く、太平洋側では晴れる日が多くなりました。

 

一方、東・西日本では、冬型の気圧配置が長続きせず、

低気圧や前線の影響を受けやすかったため、

太平洋側を中心に平年に比べ晴れる日が少なく、日照時間も少なくなりました。

 

気温は、東・西日本と沖縄・奄美では暖かい空気に覆われる日が多かったことから、

月の平均気温はかなり高くなりました。

 

特に沖縄・奄美では平年差+2.7℃と統計開始(1946年)以来、最も高くなりました。

 

降水量は、西日本の太平洋側と沖縄・奄美では多かったものの、

北・東日本では少なく、特に東日本の日本海側ではかなり少なくなりました。

 

また、降雪量も北・東・西日本の日本海側で月降雪量がかなり少なく、

特に西日本の日本海側は平年比の1%と記録的に少なくなりました。

 

 

※右図は気象庁HPより

 

 

<気象予報部より>