ホーム>いなずまブログ>季節の話題>2月の特徴
季節の話題

2月の特徴

2019214131541.JPG

2月3日は節分ですが、本来は季節の変わり目を言う言葉で、

立春、立夏、立秋、立冬の前日を言いました。

 

室町時代から立春の前日が重んじられるようになり、

季節の変わり目に病魔や悪鬼を追い払う行事として行われるようになりました。

 

気象の特性としては、冬型の気圧配置が長続きせず、

高気圧と低気圧が交互に日本付近を通過するようになります。

 

低気圧が日本列島の南岸沿いを東進する場合を「南岸低気圧」といい、

北から冷たい空気が流れ込んで太平洋側に大雪を降らせることがあります。

 

一方、低気圧が日本海を進む場合は、

日本列島に暖かい南風が吹き込み気温が上昇します。

 

立春から春分の間に最初に吹く強い南風のことを「春一番」といいますが、

強風や気温の上昇に伴い雪崩や融雪洪水などの災害をもたらすこともあります。

 

 

<気象予報部より>

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.franklinjapan.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/266