ホーム>いなずまブログ>季節の話題>2018年12月の天候
季節の話題

2018年12月の天候

20191817582.jpg

日本付近は、全国的に高気圧と低気圧が周期的に通過しましたが、

東日本の太平洋側と西日本では高気圧に覆われることが少なかったため、

曇りや雨の日が多く、日照時間もかなり少なくなりました。

 

気温は、寒気の南下が弱く、暖かい空気に覆われる日が多かったため、

北日本では月の平均気温が平年並みでしたが、

東日本以西では高く、全国の観測点926地点のうち352地点で、

12月としては最も高い気温を観測し、

西日本と沖縄・奄美を中心に66地点では夏日になりました。

 

降水量は、北日本と西日本、沖縄・奄美で多くなりましたが、

北日本の太平洋側と東日本では平年並みとなりました。

 

 

※右図は気象庁HPより

 

 

<気象予報部より>

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.franklinjapan.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/259