ホーム>いなずまブログ>季節の話題>1月の特徴
季節の話題

1月の特徴

201919182312.JPG

1月20日は二十四節気のひとつ「大寒」に当たり、

立春の前の15日間が1年で最も寒い時期でもあります。

 

また、1日の最低気温が0℃未満の場合は『冬日』で、

最高気温が0℃以上に上がらない日を「真冬日」と言いますが、

北海道や東北の内陸部ではこの時期に真冬日を迎えます。

 

天気図の特徴としては、シベリアやモンゴル付近には優勢な高気圧が居座り、

北海道東方沖やアリューシャン列島付近には台風並みに発達した低気圧が現れて、

日本付近は冬型の気圧配置となり、しばしば強い寒波が押し寄せてきます。

 

冬型の気圧配置には大きく2つのパターンがあり、

等圧線が縦縞になると日本海側の山岳部を中心に大雪になり、

冬型がやや緩んで等圧線が日本海で袋状になると日本海側の平野部でも大雪となります。

 

前者を山雪型、後者を里雪型と呼んでいます。

 

 

<気象予報部より>

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.franklinjapan.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/260