ホーム>いなずまブログ>季節の話題>11月の特徴
季節の話題

11月の特徴

2018111294537.JPG

11月は晩秋から初冬への季節の変わり目です。

 

日本付近を高気圧と低気圧が交互に通過し、

寒暖を繰り返しながら晩秋から初冬へと向かいます。

 

暦の上では7日が「立冬」で、

関東や近畿では「木枯らし」の吹く時期にあたります。

 

「木枯らし1号」は、

①西高東低の冬型気圧配置

②西北西~北の風

③最大風速8m/s以上の風

の3条件がそろった時に発表されます。

 

この時期は真冬と違って冬型の気圧配置は長続きせず、

すぐに大陸の高気圧が移動性となって日本付近を覆ってきます。

 

移動性高気圧に覆われると、

朝は冷え込みますが日中は暖かく穏やかな「小春日和」となります。

 

しかし、時には低気圧が東海上で非常に発達して真冬並みの寒気が南下し、

強い冬型の気圧配置となって大荒れの天気となることもありますので注意が必要です。

 

 

<気象予報部より>

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.franklinjapan.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/253