ホーム>いなずまブログ>2018年10月

2018年10月

10月の特徴

201810918350.JPG

秋の空が「天高く」といわれるのは、

湿気を多く含んだ夏の高気圧にかわって

大陸育ちの高気圧が乾燥した空気を運んでくることにより、

澄んだ青空となり空が高く感じられるからです。

 

10月は、上旬は秋雨前線が日本の南岸に停滞して

東日本の太平洋側を中心にぐずつきますが、

中旬頃からは大陸から進んでくる移動性高気圧に覆われるようになります。

 

帯状の高気圧に覆われると秋晴れが数日続くこともあります。

 

下旬は一時的に冬型の気圧配置が現れ、

日本海側では時雨(しぐれ)るようになります。

 

また、最盛期を過ぎたとはいえ台風が襲来することもあり、

この時期の台風は日本付近で移動速度が速くなる特徴があるため

大雨や強風に対する早めの対策が必要です。

 

 

<気象予報部より>

2018年9月の天候

2018109183134.JPG

東・西日本では、月を通して秋雨前線が停滞することが多かったため、

曇りや雨の日が多くなりました。

 

気温は、北日本では暖かい空気に覆われる日が多くなりましたが、

東・西日本では平年並みとなりました。

 

一方沖縄・奄美では高気圧に覆われる日が多く、

南からの暖かい空気が流れ込んだことによりかなり高くなりました。

 

降水量は、東・西日本では太平洋高気圧の縁辺から前線に向かって

暖かく湿った空気が流れ込みやすかったほか、

上旬の台風21号と下旬の台風24号の影響を受けたため、

かなり多くなりました。

 

特に、富山や鳥取では月の降水量を更新した地域がありました。

 

なお、北日本では中旬に移動性高気圧に覆われて

晴れの日が続いたため、月降水量はかなり少なくなりました。

 

 

※右図は気象庁HPより

 

 

<気象予報部より>