ホーム>いなずまブログ>天気のこと>8月の特徴
天気のこと

8月の特徴

2018813163344.jpg

8月は、太平洋高気圧が日本付近を広く覆い安定した晴天が続くようになり、

一年で最も気温の高い時期となりますが、

今年は例年に比べ太平洋高気圧やチベット高気圧の勢力が強い影響で、

7月から連日猛暑が続いております。

 

一般的に太平洋高気圧の盛衰は約1週間~10日程度で、

高気圧の勢力が弱まると低気圧が通過したり、

大気の状態が不安定になったりする傾向があります。

 

また8月は7月と並んで雷の発生数が最も多い月です。

 

特に、上空に冷たい空気が流れ込んでいるときや、

日本付近が太平洋高気圧の縁にあたり、

南から湿った暖かい空気が流れ込みやすいときには、

広い範囲で積乱雲が発生・発達しやすく、

局地的な大雨や落雷、突風、雹が発生することがありますので十分注意して下さい。

 

 

<気象予報部より>

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.franklinjapan.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/242