ホーム>いなずまブログ>季節の話題>7月の特徴
季節の話題

7月の特徴

20187910454.jpg

今年は、関東甲信地方が6月末に梅雨明けとなりましたが、

梅雨明けの定義は、「雨が2日以上続いた後に梅雨前線が北上して、

前日と本日が晴れ更に週間天気予報で5日以上が晴れ(または一部曇り)」

とされています。

 

ただし、「梅雨の晴れ間」のような紛らわしい天気があるため、

判断はかなり難しいようです。

 

例年、梅雨末期には太平洋高気圧が日本の南で勢力を強め、

高気圧の縁辺を回る暖かく湿った空気が梅雨前線に向かって流れ込み、

前線の周辺で短時間にまとまった量の雨(集中豪雨)が降りやすくなります。

 

梅雨明け後は太平洋高気圧に覆われて夏本番となりますが、

同時に雷の最盛期の到来となりますので、

落雷や突風、局地的な短時間強雨に注意を払う必要があります。

 

 

<気象予報部より>

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.franklinjapan.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/238