ホーム>いなずまブログ>季節の話題>2018年6月の天候
季節の話題

2018年6月の天候

201875154630.png

梅雨前線は、上旬から下旬前半まで本州南岸に位置することが多く、

下旬後半は日本海~北日本に北上しました。

 

梅雨前線や湿った空気の影響を受けにくかった東日本の太平洋側では

月間日照時間がかなり多くなりました。

 

一方、北海道は低気圧や前線の影響を受けて

周期的に天気が変化し月間降水量が多くなりました。

 

気温は、日本の東海上で移動性高気圧や

太平洋高気圧の勢力の強まる時期が多かったため、

全国的高くなりました。

 

降水量は、北日本の日本海側でかなり多く、

北日本の太平洋側と沖縄奄美でも多くなりました。

一方、東日本の日本海側では少なくなりました。

 

 

※右図は気象庁HPより

 

 

<気象予報部より>

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.franklinjapan.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/237