ホーム>いなずまブログ>2018年2月

2018年2月

2月の特徴

2018216171116.JPG暦の上では2月4日が二十四節句の立春で、冬至と春分のほぼ中間にあたり、

昼夜の長短を基準に季節を区分すると、

この日から立夏の前日までが春となります。

 

2月は、冬型の気圧配置が長続きせず、

高気圧と低気圧が交互に日本付近を通過するようになるため、

寒暖の差が大きい月となります。

 

冬型の気圧配置が緩んで、

発達した低気圧が太平洋側の沖合を東進する場合を「南岸低気圧」と呼び、

北から冷たい空気が日本列島に流れ込み、

太平洋側に大雪を降らせることがあります。

 

一方、低気圧が日本海を進む場合を「日本海低気圧」と呼び、

日本列島には暖かい南風が吹き込み、気温が急激に上昇します。

 

立春から春分の間の最初に吹く強い南風を“春一番”と云い、

強風や気温の上昇に伴う雪崩、融雪洪水などの気象災害が起こり易くなります。

 

 

<気象予報部より>

2018年1月の天候

201828201332.png

月の上旬は、冬型気圧配置が長続きせず、

日本付近を低気圧が頻繁に通過した影響で

日本海側を中心に曇りや雪又は雨の日が多くなりました。

 

中旬は、冬型の気圧配置が強まり、

日本海側では大雪(12日)となり、月降雪量も多くなりました。

 

下旬は、低気圧が本州南岸を発達しながら通過したため、

関東甲信・東北の太平洋側で大雪(22日~23日)となりました。

 

気温は、東・西日本に強い寒気が流れ込みやすかった影響で、

月平均気温は低くなりました。

 

特に、25日~27日にかけて東京・埼玉の各地で

日最低気温を更新しました。

 

降水量は、北日本でかなり多く、

東日本の日本海側、西日本、沖縄・奄美でも多くなりました。

 

 

※右図は気象庁HPより

 

 

<気象予報部より>