ホーム>いなずまブログ>2017年11月

2017年11月

11月の特徴

2017126104838.JPG

日本海側の地方では、秋から冬にかけての雷を「雪おこし」の愛称で呼び、

「雪おこし」が観測された場合、冬の始まりであると言われています。

 

11月は、日本付近を高気圧と低気圧が交互に通過し、

寒暖を繰り返しながら晩秋から初冬へと移り変わる時期にあたります。

 

暦の上では、七日が「立冬」で、

関東では「木枯らし」が吹き出す頃とされていますが、

今年は10月末に観測されました。

 

木枯らしは、冬型の気圧配置が強まって吹く冷たい北西の季節風のことです。

 

下旬になると冬型の気圧配置が日を多く見られるようになります。

 

しかし真冬と違って冬型の気圧配置は長続きせず、

すぐに大陸の高気圧が日本付近に移動してきます。

 

冬型の気圧配置が緩み移動性高気圧に覆われると、朝は冷え込みますが、

日中になると風も弱く暖かく穏やかな晴天(小春日和)になります。

 

 

<気象予報部より>

 

2017年10月の天候

2017111311324.png

北・東・西日本では、上旬は数日周期で天気が変化しましたが、

中旬以降は秋雨前線や寒気の南下、更に2個の台風の影響を受けたため、

曇りや雨の日が多くなりました。

 

特に、台風21号と台風22号の北上に伴い秋雨前線も活発化し、

西・東日本を中心に広い範囲で大雨や暴風となり、

西日本の月の降水量は平年比の330%と1946年の統計開始以来最も多くなりました。

 

気温は、寒気の影響を受ける日が多かった北日本では低くなりましたが、

東・西日本では寒暖の差は大きかったものの平年並みになりました。

 

一方、沖縄・奄美では、太平洋高気圧の勢力が強く、

暖かい空気が流れ込んだ影響で平年に比べかなり高くなりました。

 

 

※右図は気象庁HPより

 

 

<気象予報部より>