ホーム>いなずまブログ>2017年7月

2017年7月

7月の特徴

20177319153.jpg

立葵の花は、梅雨入りの頃に下から順番に花が咲き、

梅雨明け頃に茎の先端まで咲きそろうことで季節の変化を知る手掛かりとなります。

 

7月は梅雨期から夏本番に変わる月です。

 

本州付近の梅雨明けは平年20日以降ですが、

梅雨末期は梅雨前線の活動が活発になります。

 

この原因となるのが太平洋高気圧の縁に沿って、

南から非常に多くの水蒸気を含んだ気流が入り込む「湿舌」です。

 

この湿舌により梅雨前線の中にある積乱雲が発達し、短時間に局地的な大雨を降らせます。

 

梅雨明け後は、太平洋高気圧に覆われ暫くは安定した夏空が続きますが、

同時に雷の最盛期でもあります。

 

落雷や突風、局地的な短時間強雨に注意する必要があります。

 

 

<気象予報部より>

2017年6月の天候

20177318591.png

北日本では、期間を通して低気圧の影響を受けやすかったため、

曇りや雨の日が多くなりました。

一方、東・西日本では、

上旬から中旬にかけて移動性高気圧に覆われる日が多かったため、

平年に比べて曇りや雨の日が少なくなりました。

このため月間日照時間は、東・西日本で多く、

東海から近畿地方ではかなり多くなりました。

 

気温は、北・東日本の日本海側と西日本で低くになりましたが、

北・東日本の太平洋側と沖縄・奄美では平年並みとなりました。

 

降水量は、北日本でかなり多く北海道の各地で6月の月降水量を更新しました。

一方、東日本と西日本の日本海側で少なく、沖縄・奄美は平年並みとなりました。

 

※右図は気象庁HPより

 

 

<気象予報部より>