ホーム>いなずまブログ>2017年6月

2017年6月

6月の特徴

2017613154440.jpg

6月の別名「水無月」の語源には、

「無」を「の」という意味とした「水の月」や田んぼに水を張る月という「水張月」、

「水月」であるとする諸説があり、いずれも梅雨時期の「雨」との関連が強く感じられます。

 

さて6月の特徴は、太平洋高気圧に代表される南の暖かい気団と

オホーツク海高気圧に代表される北の冷たい気団の境目にできる前線が

日本の南岸に停滞し始めると、各地で梅雨入りとなります。

 

前線は、数日の周期で南北振動を繰り返しながら次第に東北地方へ北上していきます。

 

梅雨前線の活動の活発化に伴い大雨が降りやすくなりますが、

台風による大雨が発生する年もありますので、雨に対する警戒が特に必要です。

 

 

<気象予報部より>

2017年5月の天候

201761315339.png

上旬は、北・東・西日本では高気圧に覆われて晴れる日が多く、

また南からの暖かい空気が流れ込んだ影響で気温も高くなりました。

特に、北日本の太平洋側では日照時間がかなり多くなりました。

 

中旬は、はじめ低気圧や前線の影響で曇りや雨の日が多かったものの、

後半は高気圧に覆われて晴れる日が多くなりました。

一方、奄美・沖縄では梅雨前線の影響で曇りや雨の日が多く

降水量も平年に比べが多くなりました。

 

下旬は、高気圧に覆われて晴れる日が多くなりました。

また気温もかなり高くなり、特に北・東日本を中心に各地で真夏日となりました。

降水量は東・西・奄美・沖縄でかなり少なく、

特に西日本の日本海側ではかなり少なくなりました。

 

※右図は気象庁HPより

 

 

<気象予報部より>