ホーム>いなずまブログ>2014年7月

2014年7月

過去の落雷状況 ご確認いただけます

 

「関東甲信越地方が梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表がありました。

いよいよ夏本番です!

 

夏は、花火大会、お祭り、水辺でのスポーツ・イベントなどの屋外レジャーが

盛んなシーズンになりますが、

突然雷雨に見舞われることがありますので、最新の気象情報をチェックしていただくことを

お勧めいたします。

 

弊社ホームページでは、

全国の「現在の落雷状況」を毎日更新しています。

現在.png

 

外出先で、雨が降りそうだと感じた際には、

もし覚えていらっしゃったら、

現在の落雷状況」をご確認いただけましたら幸いです。

近くに落雷が発生している場合は、安全な場所に避難していただくなど、

事故防止につながります。

更に、Yahoo!JAPAN『Yahoo!天気・防災』にて

詳しい地域別の落雷状況をご確認いただけますので、

あわせてご利用ください。

 

また、過去1週間までの全国の落雷状況も、

ご確認いただけます(「昨日の落雷状況」はこちらを⇒クリック)。

 

落雷が原因で電子機器等が故障した可能性があるけれども、

いつ落雷があったか、はっきりしていない・・・という際には、

「昨日の落雷状況」をご参考にしていただき、おおまかに落雷発生日を絞り込むことができます。

 

保険申請にご利用いただける

落雷証明書」等の発行が必要な際に、ご活用いただけましたら幸いです。

0715.png 0716.png 0717.png  0718.png 0719.png 0720.png 0721.png

 

明日も、全国的に30℃以上となるところが多くなりそうです。

熱中症にも十分ご注意ください。

 

M.K@営業部兼気象予報部

 

 

7月の特徴

あさがお.jpgのサムネイル画像
 

7日は二十四節気の小暑にあたり、

梅雨明けが近づき本格的な暑さが始まる頃とされます。

 

本州付近の梅雨明けの平年日は20日以降となりますが、

例年梅雨末期には梅雨前線の活動が活発になります。

 

この原因となるのが、太平洋高気圧の西の縁に沿って、

南西海上から非常に多くの水蒸気を含んだ気流が入り込む

「湿舌」です。

 

梅雨前線の中にある発達した積乱雲に多量の水蒸気が

供給されことによって短時間に局地的な大雨を降らせます。

 

トマト.jpgのサムネイル画像                                                                                            梅雨明け後は、太平洋高気圧に覆われ暫くは安定した夏空が

                                                                          続きますが、  同時に雷の最盛期でもあります。

 

                                                                          雷雲が発達し、落雷や突風、局地的な短時間強雨による

                                                                          災害にも注意を払う必要があります。

 

 

                                                                         <気象予報部より>