ホーム>いなずまブログ>2013年6月

2013年6月

カミナリMobile

 

このところ、

新商品『Lightning Scope +』の話題一色で盛り上がるフランクリン・ジャパンでありましたが…

 

 

そんな中、ひっそりと

 

 

既存の商品である『カミナリMobile』に正式な商品ロゴができました。

 

 

 

kaminari-mobile-rogo(800_black).png

 

 

やや傾斜した字体でモバイル感 phoneto を醸しだしつつ、
 
「e」の字の封筒 mail のデザインで“メールが届く”サービスの特徴を表現しています。

 

 

 

なかなか素敵なロゴに仕上がった…confident

と思うのですが。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

 

デザインは、イラストレーターの坂谷はるかさんにお願いしましたが、

坂谷さんには、これまでも、

 

従来からのサービス『Lightning Scope』のロゴ ⇒ LS-rogo(800_black).png

 

に始まり、『カミナリWeb』のロゴ ⇒ kaminari-Web-rogo(600_black).png

 

新商品『Lightning Scope +』のロゴ ⇒ LS+-rogo(800_black).png

 

など、当社商品の多くのロゴのデザインをお願いしているほか、

 

本職であるイラストのお仕事 ⇒

gorufu-poster.png  Manual.png

 

も数々担当していただいている100%信頼の関係なのであります。

 

 

 

話を戻します。

 

 

前述のとおり、カミナリMobileの商品の特徴は、

設定したエリア内に落雷が発生したことをメールでお知らせする
 
ことにあります。
 
 
 
もちろん、届いたメールのリンク先URLに移動し、
 
最新の落雷状況を確認することもできます。
 
 
落雷情報_100km.png
 ↑ 落雷情報表示イメージ
 
 
 
これからのレジャーシーズン
 
屋外にいながら、落雷の接近を知る手段として最適です。
 
 
 
また、
 
 
 
落雷状況についてはおおざっぱに把握できればいい、
 
情報を見始めるトリガーとなる第一報がほしい
 
 
 
というご要望にもお応えできるサービスとなっています。
 
 
 
スマホ対応済み。
 
リーズナブルな価格設定も魅力shine
 
1ヶ月間の無料お試しサービスもおこなっております。
 
 
 
ご関心がございましたら、ぜひ当社までお問い合わせください telephone
 
 
 
 
 
mima @ 営業部 兼 気象予報部
 
 
 
 
 

 

 

 

 

第61回電設工業展

先月末(5/29~31)に東京ビックサイトにて行われた電設工業展に、

説明員として参加してまいりました。

 

当日は、多くのお客様に足を運んでいただき、誠にありがとうございました。

この場をお借りして、御礼申し上げます。

 

 

さて、本展示会での当社の目玉は、何と言っても

新たにリリースした   LS+ロゴ(200).png(ライトニングスコーププラス)

 

FJCの展示.png

 

 

そして、その中でも最大の売りとなるのが、弊社が新たに独自開発した

「FJC雷発生予報」

 

FJC雷発生予報.png

 

以前からの

「正確な落雷情報をリアルタイムにお伝えするシステム」

という説明に、

 

落雷の発生前から、発雷の可能性が高いことを予測して知らせる

 

という説明が加わったことで、

お客様の関心のしめされ方が大きく違っていたのが、大変印象的でした。

 

 

気象情報会社が期待される役割は、

「正確な実況を伝える」と同時に、

「独自に予測を行い、その精度を高める」ことにあるのだと実感!

 

2日目.jpg  3日目.jpg
お客様の反応も上々で、ついつい説明に力が入ります。(左:2日目、右:3日目)

 

 

 

同ブース内のサンコーシヤの出展内容も新製品が目白押し。

 

 

サ社01.jpg サ社02.jpg サ社03.jpg サ社04.jpg

 

 

そのサンコーシヤ、

雷対策の総合メーカーとして、“カミナリ一筋”と思いきや、

扱う製品は、“雷thunder”だけにとどまりません。

 

 

航空障害灯OM-3/OM-6.jpg

 

こちらはその代表的な製品の一つ、airplane 航空障害灯 building

 

航空障害灯は、夜間に飛行する航空機が安全に運航できるよう、

超高層の建築物や管制塔、発電所などの建築物の存在を知らせるための

建築物の屋上に取り付けられる電灯。

 

この分野でも、サンコーシヤは、国内有数のシェアを誇ります。

 

今回の展示製品「OM-3型」「OM-6型」、

いずれも光源に超高輝度LEDを採用した次世代型。

 

LEDの特徴である長寿命(通常5年以上は無交換で運用可能)に加え、

いくつもの新技術が盛り込まれた優れものです。

 

詳しくは、下記URLをご確認いただければと思います。

◆航空障害灯 OM-3型 / OM-6型(http://www.sankosha.co.jp/products/information/light/

 
 

航空障害灯02.jpg
展示の前では、多くの方が足を止められていました。

 

 

最後に、こちらは2日目が終わった後の打ち上げ風景 beer

 

打ち上げ.jpg

サンコーシヤイケメン解説員の面々・・・

 

これからも、サンコーシヤグループ一丸となって、

雷対策をはじめ、安全な社会の構築に取り組んでいくことを誓い合い、

長~い一日を終えました moon3

 

mima @ 営業部 兼 気象予報部

 

強雨でも雷が発生しない事例

 

2013年6月10日

 

本日、昼前に弊社(相模原)周辺では、

短時間に、ザッと雨が降りました。

 

【落雷リアルタイム+降水レーダー重ね合わせ】

落雷リアルタイム_20130610(1120-1220).gif

(全域表示ミニウィンドウには日本全国が表示されていますが、標準仕様はお客さま地点中心200㎞四方の表示となります)

 

体感では、やや強めと思える程度に降っていたため、

雷がなるかもしれない、と考えましたが・・・

 

新商品 ? Lightning Scope+ " に搭載されている

【FJC雷発生予報】で、直近時刻の雷発生の可能性を

チェックしてみると、

 

FJC雷発生予報_20130610(1120-1200).gif

 

発雷の可能性を3段階の色別表示にて、

「高い」→オレンジ色、「やや高い」→黄色、「低い」→水色 と表現しますが、

 

オールブルー

 

つまり

発雷の可能性が「低い」と予報されていました。

 

強い雨が降っても、雷が鳴る条件が揃っていなければ、雷は鳴らないことを、

【FJC雷発生予報】では、実証しました。

 

屋外レジャー施設や工場、また、人が多く集まるイベントなど、

その他、お天気や雷の状況が気になる際には、

” Lightning Scope+ ” は、大活躍間違いなしです!

 

この雷・気象情報提供システムでは、

1140_レーダー警報.jpg 1140_降水レーダ.jpg

雷情報においては、

設定した値以上の雨に対する、アラート通知機能で

雨の始まりや強雨をお知らせする機能のほか、

お客様地点周辺で、

何ミリ程度の雨が降っているか表示する機能が付いた、

【降水レーダー情報】など、

お客様専用にカスタマイズした総合気象情報をご提供させていただきます。

 

なお、

今回、弊社付近では雨は、

雷を伴わず、1時間推定降水量は7mm/hでした。

 

M.K@営業部兼気象予報部

 

山沿い地域を中心に雷

 

2013年6月7日

 

1400.jpg 1520.jpg 1640.jpg

14:00現在           15:20現在           16:40現在

 

今日は、上空に寒気が入ったことにより、

各地で雷が発生しました。

 

20130607_天気図.jpg

天気図

 

 

雷の発生状況と天気図を重ね合わせてみると、

 

Layer.jpg

寒気の中心は、-15℃以下となっており

濃い青で囲った箇所の南側にありましたが、

寒気の中心と落雷位置の対応が良いことが分かります。

 

 

 

1700_アメダス.jpg

静岡県の三倉では、16:00~17:00の1時間に

30mmという激しい雨が降りました。

 

これから、夏に向かいますが、

夏場は地上付近の気温が高くなり、大気の状態が不安定になりやすくなります。

 

ゴロゴロと、音が聞こえたら、すぐそこまで、

雷雲はやってきていますので、

十分ご注意ください。

 

 

M.K@営業部兼気象予報部

 

 

 

 

6月の特徴

 
6月は梅雨の季節です。
 
 
梅雨期の雨の降り方は、
年や地域、前期・後期により異なります。
 
 
曇り.jpg 梅雨の空
 
 
 
一般的には、オホーツク海高気圧からの冷たく湿った北東気流の流入により
シトシトと降る「陰性型」と、
 
南西からの高温多湿の気流が梅雨前線に吹きつけ
断続的にザーザー降りとなる「陽性型」に分かれます。
 
 
 
 
西日本では陽性型が多く、
東日本は梅雨の前半が「陰性型」で後半が「陽性型」となる傾向があります。
 トマトが実り始めました     
トマト.jpg
 
 
 
 
 
 
特に、梅雨入り後は前線活動の活発化による               
大雨や集中豪雨のほかに、                     
台風による大雨が発生する年もありますので、
雨に対する警戒が必要です。
 
 
 
 
空から.jpg  上空から見た梅雨の雲
 
 
 
〈気象予報部より〉
 

ゴルフ場支配人協会 総会

 

今年も、

神奈川県ゴルフ場支配人協会 総会にて、講演をさせていただきました。

 

9.JPG

 

 

今回は、

関東地方の梅雨入りが発表された日のプレゼンテーションとなりました。

昨年より11日早い梅雨入りです。

 

11.JPG

 

外は、霧と火山ガスで、視界が悪い中、

支配人総会の会場では、

 

4.JPG 

大先生が、クリアな視線で、

最近の落雷状況や

新商品 ?Lightning Scope+” のご案内をさせていただきました。

 

 

最近の落雷数および落雷による人身事故数.png LS+~新商品~.png

 

 

 

今年6月にリリースされたばかりの、

?Lightning Scope+ ”。

★雷の発生前に、あらかじめ発雷の可能性をお知らせする「FJC雷発生予報」、

★リアルタイム更新かつ精度の高さに加え、各機能を強化させた「落雷リアルタイム」、

その他、

★1時間ごとの天気予報「FJC地点天気」が新メニューとして仲間入りし、

★「台風情報」はお客さま地点の暴風域入出日時や、

台風の最接近時間と距離を表示する機能を追加いたしました!

 

これらのほかにも、新メニュー、新機能が盛りだくさんの新商品ですので、

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

準備    12.JPG   準備準備 ← 入念イメトレ中

 

今回、支配人総会にてお話しさせていただく機会をいただき、

深く感謝申し上げます。

 

また、お客さまの声を、最大限活かした商品作りをして参りますので、

こんな機能があれば、こういう情報がほしい、といったご要望を

是非お聞かせいただけましたら、幸いです。

 

M.K@営業部兼気象予報部