ホーム>いなずまブログ>2013年5月

2013年5月

関東地方で雷

 

2013年5月16日(木)夕方

201305161705_rain.jpg  201305161710_rain.jpg

17:05の雨雲            ⇒⇒ 5分後 ⇒⇒              17:10の雨雲

 

今日の関東地方は午前中は、晴れたところが多く、

群馬県館林のアメダス地点では、最高気温が28℃ほどにまで上がりました。

 

しかし午後になると、

上空の寒気が北関東を覆ったことと、日中の昇温により、

大気の状態が不安定になりました。

 

20130516_天気図.jpg

 

 

その結果、

弊社が所在する相模原では、

 

20130516_rain.jpg

       雨20130516_rain2.jpg

 20130516_rain3.jpg

       雨

 

 

 

そして、雷。    

 リアル1745.jpg   20130516_sky.jpg  ← 空模様  

  ↑ 17:45の落雷状況 

 (中心地点 フランクリン・ジャパン)

 

上図は、弊社を中心地点に合わせた、リアルタイム更新の落雷情報ですが、

中心から10㎞圏内に落雷が発生しました。

 

リリース目前の新商品 雷・気象情報提供システムには、

?雷の発生を、あらかじめ予測し、お知らせする”メニューも含まれています。

今日も、落雷が発生する30分前には、雷の可能性が高いという予報が、

システム上で出されたことを確認できています。

 

201305161710_雷発生予報.jpg

↑ 17:10発表 新メニュー?FJC雷発生予報” (6月リリース!)

 

新商品ご案内ページも順次、HPに載せていく予定です。

 

 

 

 関東地方周辺では、今日一杯、引き続き、雷にお気をつけください。

 

なお、大気が不安定な状態は、今夜までで、明日は全国的に晴れる所が多い見込みです。

 

 

 M.K@営業部兼気象予報部

 

着々準備

 

※5/10 15:45現在、九州南部では雷を伴う強い雨が降っています。

20130510_降水レーダー.jpg

※「ゴロゴロ」と音が聞こえたら、十分ご注意ください。

 

 

先日、?いなづまブログ”で、

新商品の予告をさせていただきましたが、

 

本日、パンフレットが弊社に届きました!

 

やって来た!.jpg

 

 

 

 

早速、中身のチェックをする大先生

大先生チェック2.jpg

 

ほくそ笑む大先生

 大先生チェック4.jpg

 

今回、新商品パンフレットを作成するにあたり、

大先生は大活躍でした。

 

構成・イメージ画像・原稿の作成など、

昨年から動き出した、パンフ作成という任務を

ついに遂行しました!

 

 

新商品リリースに向け、

あらゆる準備を着々と進めていますが、

各社員が新商品にまつわるものを、

ひとつひとつをカタチにしていっています。

 

乞うご期待です!

 

 

M.K@営業部兼気象予報部

5月の特徴

 

皐月の語源は、早苗を植える月として柏餅.jpg

「さなえつき」からとも言われています。

この時期、雷が鳴ると豊作と言われています。

これは、放電の際に作られる窒素が稲の成長を助けるということからきています。


                                       社員が食した かしわ餅     

 

さて、               つつじ.jpgphoto2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

5月の特徴は、移動性高気圧や帯状高気圧に覆われ、

五月晴れの日が多くなりますが、

この時期急速に発達する低気圧(メイストーム)により

海や山では大荒れの天気をもたらすこともあります。 

雲一つない青空、つつじ・さつきは5月の象徴です 

 

 

また、この時期は、雹の被害の多い季節でもあります。

太陽の日差しが強く、地上付近の気温が上昇したところに、上空に寒気が入ってくると、

大気の状態が不安定となり積乱雲が発達し雹を伴った雷を発生させます。

 

穏やかだった天気が、不意に急変することがあるので、

野外活動等の際には注意が必要です。 

 

 

<気象予報部より>

高気圧

 

5月8日

 

日本付近は、高気圧に覆われ全国的によく晴れています。

 

冬が過ぎ、早朝出勤の寒さから解放されつつある季節となりましたが、

今朝の冷え込みは厳しかったです。身に応えました。。。

 

朝焼け.jpg

5/8 04:30頃 

朝焼け(弊社屋上より撮影)

 

 

 

 

さて、

今朝の全国的な冷え込みの要因の1つは、

 

20130508_天気図.jpg

 

こちらの、高気圧にあります。

 

良く晴れた(高気圧に覆われた)夜間には、地表付近から熱が放出され地上の気温が下がります。

いわゆる「放射冷却」です。

 

 

放射冷却、温室効果.jpg

 

 

反対に、曇った日には、雲が地表からの熱の放出を遮り、

また、雲からも地表に向かい熱が放出されるので、

冷え込みは緩やかになることがあります。

これが、いわゆる「温室効果」です。

 

 

 

アメダス.jpg

 

弊社の最寄アメダス地点の八王子では最低気温と最高気温の差が20℃ほどあり、

他の地点でも、1日のうちでの寒暖の差が大きく出ました。

 

 

明日も、日本付近は高気圧に覆われ、

全国的によく晴れそうです。

 

 

 

M.K@営業部兼気象予報部

 

 

 

ちょっとだけ予告...

 

今年の営業部は、いつもより少し活気づいています。

 

 

 

この夏、

 

 

shine新商品shine が出るのです!

 

 

 

そしてそのお知らせを、

もう少しで、皆さんにさせていただけそうな状況です・・・notes

 

パンフのデジコン.jpg

こちらは、印刷の仕上がりを待つばかりのパンフレット

 

驚愕の画コンテ.jpg

M.Kさんによる凄すぎる絵コンテ

 

※「絵コンテを描いてみたらどうかしら?」というmimaさんの無茶ぶりに

  速攻で応えるM.Kさんは凄い・・・coldsweats02  と言ったのはe.yamaさん、

  パワーがなければ描けません。

 

考えることがいっぱい.jpg

雑誌広告やHPの特設ページやら考えることが一杯・・・sweat01

 

 

さて、今年から、広告関係の仕事を、女性3人で担当することになりました。

 

営業業務の傍らで、日夜、白熱した打ち合わせを続けています。

 

 

白熱04.gif

 

 

mima@営業部 兼 気象予報部

 

 

 

新型センサー現る

 

アメリカから、新型センサーTLS200 が到着しました airplane

 

当社にとって最重要とも言えるセンサー更新計画が、

いよいよスタートします。

 

高水準の観測精度を維持するには、

定期的なセンサーの更新が不可欠です。

 

特に、今回導入するTLS200は、

雲放電の検知効率が高く、雷予測精度のさらなる向上を担うセンサーであることから、

社員一同が大きな期待を寄せる・・・、また、大掛りな計画となっています。

 

今年度は4基導入、

数年以内に、JLDNセンサーがすべて新型センサーに更新される予定です。

 

IMG_1228.jpg

 

 

写真は、当社技術スタッフによる検品風景。

 

 

それにしても、新しいセンサーは大きい!

高さは、私6.5人分となります。。。coldsweats02

 

 

mima@営業部 兼 気象予報部

 

 

 

カモのお客さま

 

5月に入りました。

 

 

 

先日、4/26(金)は、全国的に大気の状態が不安定で、

雷が各地で頻発しました。

20130426_落雷図6-18.jpg

4月26日6時~18時の落雷状況

 

よくご覧いただくと、能登半島付近を中心に落雷位置が

円の下半分のような形状に見えます。

 

天気図と併せて見てみると

20130426_天気図.bmp

陸域にかかった、上空の寒気の形状も丸く湾曲しており、落雷が頻発した位置との対応が見られました。

 

今回、雷が頻発したのは、

 

・上空に強い寒気が流れ込み、日本付近を覆っていた

・日本海に低気圧があり、下層には湿った空気が入った

・つまり冷たい空気と暖かい空気の境で大気の状態が不安定となった

 

などが代表的な要因だと考察します。

 

今回の状況は、4/7のブログ(『春の嵐』)の中で解説した状況に似ておりました。

春先は、上空の寒気にはご注意です!

 

 

 

さて、

お天気がコロコロ変わる中、

弊社敷地内の噴水に、今年もお客さまがやってきました。

 

今年もやってきた.jpgいつも一緒.jpgおしゃべり.jpg

 

 

 

 カモのお客さまです。

 

去年も、ちょうど今頃、いらしていました。

雷シーズンになるとやってくるように感じられます。

 

去年のお客さまは、始めの頃は、常に?つがい”でいましたが、

いつしか単独行動を取り始め、終いには姿を消し、

何かあったのかと心配していました。

 

 

しかし、今年のお客さまは今のところ、仲よくどこに行くにも2羽一緒です。

しばらく、微笑ましい光景を見られそうです。

弊社を去る時には、2羽一緒にお見送りしたいものです。

 

M.K @ 営業部兼気象予報部