ホーム>いなずまブログ>雷のこと>春の嵐
雷のこと

春の嵐

 

2013年4月7日(日)9時の天気図

20130407_天気図.bmp

 

4月に入り、雷シーズンがそろそろやってきます。

 

今日は、上の天気図からお分かり頂けるように、

日本海の低気圧と太平洋側の低気圧に日本列島は挟まれ、

2つの低気圧の勢力が強いことに加え、

上空の寒気と下層の暖湿気の影響で、日本付近は大荒れの天気となりました。

 

20130407_0210_1時間降水量.bmp

こちらは、4月7日 AM2時10分のアメダス降水量(1時間積算値)です。

福島県の沿岸部では、時間雨量91mmを記録しました。

 

4月7日の落雷状況 ↓

20130407AM_落雷.bmp ←《AM0~12時》  《PM0~6時》→ 20130407PM_落雷.bmp

 

今日は、中部~東北地方の山沿いにかけて、落雷が頻発しました。

春からは、徐々に雷が増えてきますので、事故などに遭われないようお気を付け下さい。

 

さて、

春の嵐の翌日、明日の天気は・・・

 

日本列島は、東シナ海に中心を持つ、移動性高気圧に覆われ、

全国的に、晴れる所が多い見込みです。

ただし、北日本の日本海側では、低気圧の影響で、

降水や風が強いでしょう。

西日本~東日本にかけてはポカポカとした春らしい天気となる見込みです。

 

営業部兼気象予報部 @ M.K

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.franklinjapan.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/47