ホーム>製品情報>緊急地震速報

緊急地震速報

緊急地震速報サービス

緊急地震速報サービスは、Lightning Scope-ライトニングスコープ-のオプションとしてご利用いただけます。

緊急地震速報とは

気象庁が新たに提供を始めた地震情報サービスです。地震発生直後に、震源に近い震度計で捉えた観測データに基づき、地震の強い揺れが来る数秒~数十秒前に、お客様の場所における震度の大きさを予測し、お知らせいたします。 地震の大きな揺れが到達する前に、防災対策を行うことが可能となります。

予測原理

kinkyu01.jpg

地震発生直後に、震源近くの地震計で初期微動(P波)を捉え、この観測データを基に、地震の規模(マグニチュード)や震源位置などが直ちに推定されます。 その直後に通信回線を通じて、お客様の端末まで情報が配信され、強い揺れを引き起こす主要動(S波)の到達前に、各地の推定震度や主要動到達までの余裕時間を瞬時に計算します。

従来の地震情報との違い

 

緊急地震速報が従来の地震情報と大きく異なる点は、その迅速性です。緊急地震速報は地震検知後数秒~1分程度の間に数回の情報を配信します。第1報は迅速性が優先され、その後配信される情報の精度は次第に高くなっていきます。

 

技術的限界

  • 内陸での直下型地震など震源からの距離が近い場合、予測前に地震の揺れが到達し、本システムの起動が間に合わない場合があります。
  • 緊急地震速報は迅速性を優先し、短時間で得られた観測データから推定を行うため、精度には限界があり、主要動到達予測時刻や推定震度には誤差を含んでいます。
  • 地震以外の要因(落雷、事故など)によって、誤報が発信されることがあります。
  • 深発地震の震度の予測精度が十分でないことから、深さ150㎞以深の地震が発生した場合は震度を予測・表示しません。(主要動到達状況のみ表示します)

 

表示画面

kinkyu03.jpg
kinkyu04.jpg
  • お客様付近で設定以上の震度が予測された場合、ウィンドウが自動で立ち上がると同時に、警報音を発します。
  • 警報音は震度5弱を境に、2種類設定しています。
  • 震源から広がる強い揺れの到達状況を、赤い円によって表現します。
  • 周辺地域での推定震度を表示します。
  • お客様付近への強い揺れの到達までのカウントダウンを表示します。
  • 続報の内容によっては、震度の値が変わったり、カウントがずれる場合があります。

配信方法・オプション

提供内容

弊社の緊急地震速報は、基本的に、雷・気象情報提供システム「ライトニングスコープ」のオプションメニューとしてのご提供となります。
緊急地震速報のみの利用をご希望の場合は、お問い合わせください。

配信方法

衛星通信回線を利用した配信方法です。
有線回線が使用できない状況になった場合も、情報を受信できます。
弊社の情報センターでデータ受信後、お客様のPC画面に情報が表示されるまで、1秒以内です。

必要設備

CSアンテナやルーター等の受信設備、および情報を表示するためのパソコンが必要です。情報表示設備に関しては、弊社からお貸しすることも可能です。

kinkyu06.jpg

メール配信

予め登録しておいたメールアドレスに、地震発生を通知するメールを自動送信できます。システムの設置場所から離れている場合でも、緊急地震速報の内容を受け取ることが可能です。

外部警報出力

緊急地震速報受信時に接点信号を取り出すことにより、警報設備や放送設備、エレベーターなど、様々な制御システムとの連動が可能です。

その他、ご要望に応じて各種カスタマイズが可能です。別途お問い合せ下さい。

 

緊急地震速報を適切に利用するために必要な受信端末の機能および配信能力に関するガイドライン

 気象庁は、緊急地震速報の受信端末の利用者が本来の利用目的に即して適切に利用できるよう、受信端末や配信方法を選択する際や、緊急地震速報を利用する際の参考となる事項について検討を行い、「緊急地震速報を適切に利用するために必要な受信端末の機能及び配信能力に関するガイドライン」を取りまとめました。
 http://www.jma.go.jp/jma/press/1104/22c/eew_guideline.html

 本ガイドラインは、受信端末利用者が本来の目的に即して緊急地震速報を利用するための推奨事項をまとめたものです。

 フランクリン・ジャパンでは、本ガイドラインに沿って緊急地震速報の受信端末を今後導入される方や現在利用されている方に対し、端末の機能や配信能力に関して公開・説明をいたします。

詳しくは、緊急地震速報ガイドライン適応状況.pdf【PDF/122KB】(2014年1月10日更新)をご覧ください。

 

お問い合せはこちら

電話でのお問い合せ
電話でのお問い合せ
WEBでのお問い合せ