ホーム>いなずまブログ

いなずまブログ

明日は春一番!?

本日は、南海上の移動性高気圧に覆われ、東日本・西日本を中心に晴れて、多くの地点で最高気温が10度を越えました。

 
2017216163156.png      2017216163812.png
 
 
 
2017216162617.JPG

弊社のある相模原でも雲一つない青空が広がり、

日中は、ぽかぽかとして気持ちがよかったですsun

 

ロシアでは2月を「光の春」と呼んでいるそうです。

確かに、2月に入ると日も長くなり、日差しも真冬のものとは

なんとなく変わってきていますよねcatface

今日はまさにその表現がぴったりの日となりましたshine

 

しかし、明日は今日とはうって変わって、

前線を伴った低気圧が発達しながら日本海北部からオホーツク海付近に進み、

低気圧からのびる前線が本州を通過するため、日本海側を中心に荒れた天気となる見込みですbearing

また、低気圧に向かって南寄りの風が強く吹き、「春一番」となる所があると予想されています。

気温は今日よりもさらに上昇し、所によっては20度前後にまで達する見込みです。up

 

2017216172149.png

 

2017216171849.png  2017216171914.png

 

さて、「春一番」とは、地域・気象台で多少異なるようですが…

「立春から春分までの間に、日本海に低気圧があり

最大風速5メートル以上の南寄りの風が観測され、気温が上昇した場合」

が、基本的な定義となっています。

(※2017年の立春は2月4日、春分は3月20日)

 

春一番が吹いた後には、西高東低の冬型の気圧配置となり、再び寒くなることが多いようです。

 

今回も、前線通過後は再び冬型の気圧配置となり、寒さが戻ってくる見込みです。sweat01

 

明日から週末にかけては、強風、急激な気温の変化、

積雪のあるところでは、融雪や降水による土砂災害・河川の増水・なだれに注意が必要となっておりますので

お気を付けください。

 

<気象予報部 es>

 

 

気象講習会@LPGA

先日、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)様向けに気象講習会を行ってまいりました。sun

201727102320.JPG

 

40名程の方にご参加頂き(ありがとうございます!)、気象学の基礎に加え、

ゴルフにとってとりわけ重要な霧や雷thunderについてのお話もさせて頂きました。

 

今回、講師を務めましたMTGさんは、たいそうなゴルフ好きで、

ゴルフ関係者の方々を前にして緊張したとのことですが、

はた目にはあまりそうは見えず、無事講演を終えることができました。shine

 

また、皆様からは熱心にご聴講頂き、気象に対する関心の高さが伺え、予報業務に携わる私も身の引き締まる思いでした。

 

プロゴルフツアーは、3月から12月頃までの長いシーズンとなりますが、

今年も無事に試合が開催される事をお祈りするとともに、

気象の面からサポートをさせて頂き、少しでも貢献できればと思っておりますsign01

 

 

<es @ 気象予報部>

2月の特徴

201729151119.JPG

2月4日は立春です。

立春以降の寒さを余寒と言い、寒い日が多いものの日脚も延びて、

春の訪れを予感させる時期でもあります。

 

2月は冬型の気圧配置は長続きせず、

高気圧と低気圧が交互に日本付近を通過するようになります。

 

低気圧が日本列島の南岸沿いを東進する場合を「南岸低気圧」といい、

北から冷たい空気が流れ込んで太平洋側に大雪を降らせることがあります。snow

関東地方などでは少しの雪でも道路の凍結等による事故が発生しますので注意が必要です。

 

また、低気圧が日本海を進む場合は、

日本列島に暖かい南風が吹き込み気温が上昇します。up

立春から春分の間に最初に吹く強い南風のことを「春一番」といいますが、

強風や気温の上昇に伴い雪崩や融雪洪水などの災害をもたらすことがあります。

 

<気象予報部より>

2017年1月の天候

201729155735.png

月の上旬と下旬後半は冬型気圧配置が持続せず、

寒気の南下が弱かったため、気温が著しく高くなりました。

一方、中旬から下旬前半にかけては、冬型気圧配置が強まり、

全国的に気温が平年を下回るとともに、

東北日本海側~山陰にかけて大雪となりました。

 

気温は、月平均気温が上旬と下旬の後半に高温だった影響で、

沖縄・奄美でかなり高く、

東・西日本でも高くなりました。

 

降水量は、東・西日本では平年並みでしたが、沖縄・奄美でかなり少なく、

北日本でも少なくなりました。

また、降雪の深さの合計では、西日本太平洋側で多くなりましたが、

北日本太平洋側と東日本日本海側では少なくなりました。

 

※右図は気象庁HPより

 

<気象予報部より>

関東の雪予想は予報官泣かせ。。。

明日は、日本海と本州の南海上をそれぞれ低気圧が東進する影響で、

東北以南では、雪や雨となる所が多い見込みです。snow

 

20172817325.png     201728172156.png

↑ 明日(2/9)の全国の天気             ↑ 明日(2/9)9時の予想天気図

 

南海上の低気圧は関東地方に大きな影響を与える「南岸低気圧」と呼ばれるものです。

最近はメディア等で耳にすることが多いので、知っている方も多いことと思います。

 

この「南岸低気圧」

なかなか一筋縄ではいかないクセ者なのです。

雪の予報を外し、心をバッキバキに折られた予報官は今まで数知れず。(たぶん)

 

雪か雨になるか、もしくは降水自体なしかは

まず、低気圧の発達具合や進むコースにより変わってきます。 

その経験則として、

「八丈島の北を低気圧が通過すると暖気が入るため雨、

南を通過すると寒気が入るため雪、

本州から離れすぎると降水なし」

というものがあります。

 

…が、北からの寒気や降水・降雪によって

下層の大気がどの程度冷えるか、

また湿度も絡んで、雨雪問題をさらに複雑にしているため、

そう簡単にこの通りにはならないのです。despair

 

こんな悩ましい低気圧ですが、予想するだけなら興味深い現象ですnote

空とともに天気図や気温などのデータも見てみてはいかがでしょうか。

 

 

<気象予報部 es>

暦上の季節は春へ...

本日は、節分ですねshine

家で豆まきをする方も多いと思います。

ところで、「節分」とはいつのことを言うのでしょうか?

「2月3日」と答える人は多いことと思います。

もちろん、間違いではありません!

しかし、正確には、立春の前日の事を指し、年によって日は異なることも。(今年は2月3日)

また、本来、「節分」は「季節を分ける日」を意味し、

現在「節分」と言われている立春の前の日だけでなく、立夏、立秋、立冬の前日もそれぞれ「節分」と言うのだそうです。

 

では、なぜ「節分」といえば立春前の節分の日を指すようになったかと言うと、

旧暦では、立春は新年の始まりとなることが多く、

その前日は大晦日にあたる日という重要な意味を持ったことからだと考えられています。

 

さて、「豆まき」の他に最近では欠かせなくなった(?)のが

太巻きをその年の恵方に向かって(基本は丸かぶりで)、願い事をしながら無言で食べるという「恵方巻き」ですねnote

元は大阪周辺での風習だったものが、某コンビニチェーンの商売戦略により(?)

全国区になっていったそうな…。

…...見事に商売におどらされていますgawk

(でも、最近はそれぞれのお店が工夫を凝らして

美味しいものを作っているので、ついつい買いたくなるのですよね…coldsweats01

 

ともかく、今年の恵方は「北北西」のようですので、

豆まきをして鬼を追い出し、縁起を担いで恵方巻きを食べ、

新たな春を迎えましょうsign01

 

そして、明日は立春。

季節は徐々に春に向かいつつある時期とされています。

今週末は、天気は崩れるものの寒さは和らぐ見込みです。

ただし、来週の中ごろはまた寒さが戻る予想となっておりますので、まだまだ油断は禁物ですねpenguin

 

<週末の天気 左/土曜日・右/日曜日>

今週末は、気温が高めのため、雪よりも雨となる所が多い予想です。

201723153623.png   201723153659.png

 

<週末の気温 左/土曜日 右/日曜日>

201723153719.png   201723153742.png

 

 

気象予報部 es

冬のくだもの

 

いまの時期、私の食卓には(特に朝食のとき)みかんといちごがよく登場しますcafe

静岡産のみかんといちごですが、

いちごは、静岡発の新いちご「きらぴ香」という品種です。

あまくて、みずみずしくおいしいですdelicious

201722103728.JPG

 

実家が静岡のため幼い頃から身近なくだものであり、

みかん狩り・いちご狩りは冬から春にかけてのイベントでもありました。

 

さらに、調理器具を使わずにすぐ食べれるくだものなので

めんどくさがり屋(ずぼら)の私にはうってつけのくだものですgood

機会がありましたら「きらぴ香」を食べてみてくださいsign03

 
 
 
 
営業部m.m

1月の特徴

201711018511.png

暦の上では1月5日が二十四節気の「小寒」で

20日が「大寒」と文字通り一年で最も寒い時期に当たります。

 

1月は冬型の気圧配置が最もよく現れる月であり、

地上天気図で見ると西高東低で等圧線が南北に何本も並んでいるのが典型的気圧配置です。

 

衛星写真では、日本海に寒気の吹き出しに伴う筋状の雲がビッシリと並んでいる様子が見えます。

 

冬型の強弱は、この筋状の雲ができ始める場所である程度分かります。

 

即ち、大陸に近い所から筋状の雲ができている場合は強く、大陸からの離岸距離が大きいほど冬型が緩んでいることを示しています。

 

冬型の気圧配置が続く1月は、気象災害の多い月でもあります。

 

日本海側では大雪や暴風雪をはじめ、雪崩や冬季雷が発生します。

 

一方、太平洋側では乾燥した晴天が続き、火災の発生しやすい状態となります。

 

 

<気象予報部より>

2016年12月の天候

2017110172854.png

日本付近は、周期的に低気圧が通過し、

低気圧の通過後は北日本中心に冬型の気圧配置となりました。

 

気温は、北日本では気温の変動が大きかったものの、

月平均気温は平年並みとなりました。

一方、東日本以南では大陸からの寒気の影響が弱かったため、

月平均気温がかなり高くなりました。

特に、沖縄・奄美地方では月平均気温が+1.8℃と12月として

統計開始以来(1946年)最も高くなりました。

 

降水量は、低気圧が発達しながら日本付近を通過したことにより、

東日本の太平洋側、西日本でかなり多く、北日本の太平洋側でも多くなりました。

 

日照時間は、北日本の日本海側と東日本で多くなりました。

 

 

<気象予報部より>

年頭所感

新年あけましておめでとうございます。

 

2017年は丁酉(ひのととり)です。丁(ひのと)は草木の形が充実した状態の意味で、酉(とり)は草木の果実が成熟した意味だそうです。
読めばそれぞれ良さそうに感じますが、実は丁と酉は相克の関係にあり対立や矛盾を意味しています。

そうであれば昨年のビックリする世界の出来事はその前触れであったかと納得したいところです。
しかし中国古来の十干十二支(じっかんじゅうにし)が現代世界の出来事の流れを言い当てているのかどうか、単なる思い込みかも知れません。
ご興味のある方は60年前の出来事を調べてみるのも一興かと思います。

さて、昨年弊社では新商品ライトニングステーションを発売し、皆様には大変ご好評いただきました。
本年はさらにコンテンツを充実したシリーズ品のリリースを予定しています。
ライトニングステーションは丁(ひのと)になりますのでご期待下さい。

日本全国の落雷データの蓄積は、地域によって多少のバラつきはあるものの概ね15年前後になります。
この歴史と圧倒的なデータ量が弊社の強みであり、お客様への信頼につながっています。
これらを元にした統計データ提供は、最近では、再生可能エネルギー事業者様や重要施設監理事業者様から高い評価を得ていますので本年も力を入れていきたいと考えております。

弊社製品の使用感やご要望など、忌憚のないご意見を頂戴できれば幸いでございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 株式会社フランクリン・ジャパン 代表取締役 大川孝幸